「北河内」フィールド ウォッチング

自然のしくみ・人との親交・新発見の日常をつづります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

枚方ハイキングin穂谷(2016年5月)つづき

 穂谷の自然も数年前と比べ、数を減らした植物が目に付くというより思い出される。
植物図鑑は平面的に作られているので、どの種類がどの程度の頻度で現れるかなどとは書いていない。
数少なく珍しいと思いながら見ていた植物が滅びていってしまうのは寂しい気がする。これも自然の流れかも。

ギンラン(銀蘭)
ギンランs
立った1株で咲いている。近くにキンランもあったはず、滅びたのか盗掘されたのか、珍しいものは見るだけにしてほしい。

ギンリョウソウ(銀竜草)
ギンリョウソウs
会の仲間は毎年出現する場所を知っているので、時期が来ると探すがだんだんと塊が小さくなっている。

ヒメコウゾ(姫楮)
ヒメコウゾs
これから赤く熟す雌花序、食べると美味しい。和紙の原料として優れている。

ハナキリン(花麒麟)
ハナキリンs
トイレをお借りしている霊園に飾ってある。ボリュームがあって存在感がある、植え替えは如何するのだろうか。

トゲチシャ
トゲチシャs
葉の形と付き方が面白い外来種。高速道路沿いでよく見かける、キク科の花は綿毛で種を遠くへ飛ばす。

カモガヤ(鴨茅):
カモガヤs
これも最近よく見かける、花粉症の方はこれのおかげで苦労する。スギ、ヒノキ、カモガヤ3大アレルギー源。



スポンサーサイト

枚方ハイキングin穂谷(2016年5月)

 先月は雨で例会が流れ、今月は五月晴れで参加者も多く久しぶりににぎやかな第3日曜日となった。
植物、野鳥、昆虫も数多く出現して、いつもの昼食ポイントにたどり着くころにはお腹もペコペコだった。

カキの花
カキの花s
リーダーの仕入れた最新情報を披露、雄花と雌花が異なり釣り鐘状の花が雄花と教えていただく。

アオハダ
アオハダ雄花s
7~8年定例で下を通っていたが花を見るのは初めてのこと。じっくり観察することができた。

スモモ
スモモs
穂谷のコースには果樹を見ることができる、梅ノ木に交じってサクランボのようにぶら下がっている。

ツクバネウツギ
ツクバネウツギs
園芸種に比べて香りが薄いように感じる、色も薄黄色でおしとやかなたたずまい。

テイカカズラ
テイカカズラs
この時期が一番の盛り、この花から豆のさやの形ができるとは想像外だ。

ヤブムラサキ
ヤブムラサキs
つぼみの膨らむ前の状態は、長い羽毛に包まれている。ここから紫の果実の始まりだ。




枚方ハイキングin穂谷(2016年3月

 今月に入り、完全にPCが不調に陥り、ネットを通しての活動は不可能になってしまいました。
ご心配をおかけいたしましたが、私自身は元気に過ごし活動を続けておりました。ブログの書き込みを再開いたします。
 それにしても、Windows10へバージョンアップした所為でこんなに苦労すとは思いもよりませんでした。
T社のPCはこりごりです。
8→8.1→10と変更しましたが、対応していない機種もある。とかなりの後出しで白状する始末でした。
いまだに機械はT社から帰ってきていません。
仕方なく、今書き込んでいる機械は、D社製の新しい10です。買い換えました、快調です。

イワナシ
イワナシs
穂谷の自然の中で、毎年順調に花を咲かせてくれる。数が増えている感じがする。

ツクシ
ツクシs
春が来たり帰ったり、ツクシの発生は少ないようだ。今年の冬は植物にとっても気まぐれな天候だ。

ショウジョウバカマ
ショウジョウバカマs
盗掘によって姿があまりない。花柄が伸びていない首なし。

スイバ
スイバs
赤い花が集まっている。草刈がていねいにされるので、スイバの数もあまりない。

カキドオシ
カキドオシs
写真写りはいつも良い、群落で咲くピンクの小柄な花の中で園芸種にも負けない美しさ。

スズメノヤリ
スズメノヤリs
分解して虫眼鏡で覗きたくなる小さな花の集まり。春の花は感動を頂ける。

枚方ハイキングin穂谷(2016年2月)

 春めいて陽気は、人を野外へ誘う。今月の参加者にメンバーのお孫さんが2人来てくれた。
未来のナチュラリストは、品よく自然を観察できるお子さんだった。そして、大人顔負けの知識も持っていた。
いつもの現役リタイア植物愛好家の集まりに、子供さんが入るだけで元気をもらえるから不思議だ。
 今月は見るものも少なかったが、野鳥の種類は多く見られて、大興奮の連続だった。

フキノトウ
フキノトウ
幼稚園児が発見してくれて、大人(老人)たちが大喜び。酒の肴にどう料理するか、話題が満載。

ネコヤナギ(猫柳)
ネコヤナギs
最近、あまり見なくなってしまった木。花瓶に生けられた花は、子供のころどこでも見られたが。

キチジョウソウ(吉祥草)
キチジョウソウ液果s
周りに草が茂っていないので真っ赤な液果が目に入ってきた。意外と粒が大きい。

カイズカイブキ
カイズカイブキ球果s
古く大きな木に一か所だけ球果がついている。この木はじっくり観察すると、ミックスの特徴で味わいのある木だ。

アオキ(青木)
アオキs
最近よく出てくるが、いまが一番色合いの良い果実だ。これは野鳥が嫌いなのかな。

ロウバイ(蝋梅)
ロウバイs
帰り時間が早く終わったので、有志(若者)だけで裏山を探索に出かける。少し花の盛りを過ぎていた。



枚方ハイキングin穂谷(2015年11月)つづき

 枚方市の野活から、国見山を目指す。昼前でお腹が空いてくるが、久しぶりの展望を期待してがんばる。
頂上には、女性4名の先客がいて、明石海峡大橋、京都タワー、比叡山などと声を出して探していた。
新登場の「阿倍野ハルカス」は視界の左隅になるため見つけにくく、教えてあげると、歓声を上げて喜んでいた。

ツルリンドウ(蔓竜胆)
ツルリンドウs
杉林の脇に大きな群落を発見、果実が見事についている。開いた花を見たことがないが、時間帯が早朝なのかな?

ヒノキ更新
ヒノキ更新s
切り株の上に落ちた種子から数本更新している。安全地帯の上からすくすく育つことを願って通り過ぎる。

ハナビラニカワタケ
ハナビラニカワタケs
確かに花びらに見えないこともない、キクラゲ同様に食用になるそうだが、生えているところを見ると食欲はわかない。

国見山から
国見山からs
鷹の渡りの観測地点でシーズンになるとバードウォッチャーが群がる。空気が澄み大阪京都兵庫よく見渡せた。

交野山地(生駒山系)成立
交野山地成立s
立て看板の右上に断層が見える。断層が擦られたためにできた地層の違いが、説明で理解できる。

白旗池
白旗池s
交野市の「いきものふれあいセンター」から、数羽オシドリが観察できる。ここにある色々な標本が面白い。



Top|Next »

ホーム

Author:いたぱら
森林インストラクター
森林セラピスト
癒しの森へご案内いたします。
ご一緒に活動しませんか?

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。