「北河内」フィールド ウォッチング

自然のしくみ・人との親交・新発見の日常をつづります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

摂南大学薬用植物園

 薬草薬樹についてもう一度復習しようと今年も応募したら、運よく当選することができた。
オリエンテーションは既に今月中旬にあって、作業と観察会を兼ねた第一回の講座が行われた。
同じ大学の敷地内に建設中だった校舎が立派に完成し、看護学科が新たに開設されていた。
(基礎から建設現場を垣間見ていたが、物凄い構造のしっかりした建物)

ムラサキ(紫)
sムラサキ
ロビーに展示されていた。紫雲膏となる、皮膚の薬として良く効くそうだ。実際購入して試してみようと思う。

講座参加者
s参加者
熱心に説明を聞く。約半数が新人、残りが継続者、2年目となり現物と名前と薬効が分かり掛けてきた。

ヨウシュチョウセンアサガオ(洋種朝鮮朝顔)
sヨウシュチョウセンアサガオ
ムラサキも花岡青洲は使い始め、この種も日本で始めて乳癌手術の時、麻酔薬として使用したそうだ。

ヒメタイザンボク(姫泰山木)
sヒメタイザンボク
普通のタイザンボクは花が大きすぎてグロテスクな感じだが、こちらの方が親しみある。

シャシャンボ(小小坊)
sシャシャンボ
同じツツジ科のネジキの花によく似ている。こんな立派な樹形のこの種は他で見たことがない。

キササゲ(木大角豆)
sキササゲの花
盛岡市の街路樹として見たが花とは初めてご対面、ノウゼンカズラ科と聞くと形が理解できる。果実は利尿むくみの薬効。
スポンサーサイト

Top|Next »

ホーム

Author:いたぱら
森林インストラクター
森林セラピスト
癒しの森へご案内いたします。
ご一緒に活動しませんか?

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。