「北河内」フィールド ウォッチング

自然のしくみ・人との親交・新発見の日常をつづります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カブト虫

 昨年、2つがいから観察を始めて、昆虫図鑑で調べながら、卵は冬を越して何とか成虫を見ることができました。
今年、立派に11匹誕生いたしました。実際は脱走したものもいるのでもう少しいたはずです。
未来のナチュラリストNo1、2は虫が大好き、遊びに来るたびにスプレーをしたり、はしでつついたり、大はしゃぎです。
初めての繁殖なので、幼虫たちに苦しい思いをさせてしまった事もあったようで、今年の反省材料です。

産卵
産卵_R
昨年8月に米粒のような卵を未来のナチュラリストNo1が発見、その夏、親たちは4匹とも天に召されました。

幼虫23匹
幼虫23匹_R
何回も幼虫をほじくり出しては、度胸試しのように触って遊びました。この子たちは虫を触ると覚醒するようです。

幼虫
幼虫_R
だんだん大きくなる幼虫を、各段階で出しては手のひらに乗せて、あの冷たいブニョブニョの感触を楽しみました。

成虫探し
成虫探し_R
5つの容器に分けて見守った幼虫もサナギを経て成虫になり動き出したので、床ごと箱に開けて点検しました。

新居に移動
新居移動_R
数が多くなってきたので、60㎝の水槽に新しい床も用意して移してあげました。

失敗
失敗_R
終齢幼虫の段階や蛹の段階などで多分10匹程度が失敗してしまいました。2人には妹がいるので、
ちょっと感じるものがあったようで、失敗のある現実を知りました。合掌。

メスが少ないのと遺伝子の多様性を考え、新たにメス2匹外部からお嫁にもらいました。

スポンサーサイト

Top|Next »

ホーム

いたぱら

Author:いたぱら
森林インストラクター
森林セラピスト
癒しの森へご案内いたします。
ご一緒に活動しませんか?

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。