「北河内」フィールド ウォッチング

自然のしくみ・人との親交・新発見の日常をつづります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芦生の森:七実の会5

 雨は激しく降ったわけではないが、ガイドさんは送迎バスのドライバーと携帯電話で連絡を取りながら安全を確めている。
幸い昼の弁当の時間は雨もやみ、落ち着いてゆっくりと味わいながら食べることができた。
我々会のメンバーも3回目の芦生ともなると、慣れてきて観察の目の付け所も変わってくる、ガイドさんの工夫も大変そうだ。
ガイドさんとドライバーの呼吸が合い、川の水量などを計りながら安全に案内していただいたことに感謝。

アカモノ(赤物)
アカモノ_R
一時、数量が減ってしまったが、シカが減って復活してきたそうだ、花も見てみたい。果実は甘く美味しい。

トリアシショウマ(鳥足升麻)
トリアシショウマ_R
花の少ない時期に白く自己主張、遠くで咲くので詳しく観察できず。葉のつき方から名前が来ている。

カツラ(桂)
大カツラ_R
芦生には大木が点在して生えているが、何度見てもこのカツラは存在感があり、ガイドさんの自慢だ。

リョウメンシダ
リョウメンシダ_R
何枚も板を並べたように斜面から垂れ下がる、雨の日に自然の作る色は、特別緑の色が美しい。

ユクノキ(雪の木)
ユクノキ_R
マメ科にしては繁殖力が弱いのか数は少なく、芦生でも特別標識が付いている。図鑑により、対生、互生と惑わされる。

芦生研究林
芦生研究林_R
芦生の森を堪能して、後ろを振り返ると京都大学の看板がこの地のふさわしくついている。また来たくなる。
スポンサーサイト

Top|Next »

ホーム

いたぱら

Author:いたぱら
森林インストラクター
森林セラピスト
癒しの森へご案内いたします。
ご一緒に活動しませんか?

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。