「北河内」フィールド ウォッチング

自然のしくみ・人との親交・新発見の日常をつづります。

津市美杉森林セラピー基地:塚原ヒストリーまち歩きコース

 セラピー基地の運営協議会では、他基地視察研修会を含めて年に9回ほどスキルアップ研修会を開催している。
午前中はテーブルを囲み行事予定の練り合わせ、基地ロードの整備などを話し合い、午後はコースを歩いて、話題探しをしている。
今回は、下の川地区に温泉施設(足湯あり)や福祉施設ができたので見学しながら、新たな地元ならではの材料を探し出した。

下の川からの山
下の川の山s
美杉の山は濃い緑の人工林が多いが、新緑の季節は広葉樹も存在感を主張する。山桜の薄ピンクもある。

苔の栽培
苔の栽培s
移住してきて絵を描いているお宅を発見。気さくな話が聞けて奥が深そう。元の本業は苔やさんだそうだ。

ヒトリシズカ
ヒトリシズカs
杉林の葉が厚く積もった臨床から、群落が点々と存在する。可憐な花たち。

クマガイソウ(熊谷草)
クマガイソウs
囲いがされて保護されている。まだ、つぼみの状態、シカに食われてなるものか。

炭焼き
菊炭s
手をかけ丁寧に焼かれた菊炭、長さを揃えて箱詰めや袋詰めされてお茶席の釜を沸かす。

袋詰め
10kgs
炭焼きの職人さんから説明を受ける。何年焼いていても満足に焼けず、先代の偉大さを感じると言っていた。




スポンサーサイト

Top|Next »

ホーム

いたぱら

Author:いたぱら
森林インストラクター
森林セラピスト
癒しの森へご案内いたします。
ご一緒に活動しませんか?

この人とブロともになる

QR