「北河内」フィールド ウォッチング

自然のしくみ・人との親交・新発見の日常をつづります。

寝屋川公園自然の会:セミ羽化の観察会

 今年も暑い夏がやってきた。梅雨明けと同時にクマゼミ、アブラゼミが大きな声で泣き出した。
この声に誘われるように、子供たちは朝から昆虫を追いかけるホルモンが湧き出してくるようだ。
ゲームが子供たちの遊び道具に取って代わられてしまっても、まだまだ、補虫網を持って外で遊ぶ子供も多い。

部屋で講義
部屋で講義s
参加制限を超えた参加者のため、室内講座は床に座って聞いてもらう。興味のあるものだから真剣だ。

質問
セミの孵化s
クイズで大事な要素を知らせる意図の講師、ちなみに答えは意外と長く、④の約10か月。

見学中
見学中s
懐中電灯を持ってケヤキの並木へ出て、目を皿のようにして成虫になる前のセミを探す。

反り返り
反り返りs
背中が割れて中から出てくると、後ろへ大きく反り返る、セミのウナバウアーと呼ぶ。

3態
3態s
ケヤキの後ろ側にまわると、背中の割れる前、出かかり、完全に羽化したセミがまとまって見られた。

満足
満足?s
この日は、最近、公園で増えている「カブトムシ」の集まる木も見ることができて満足でした。




スポンサーサイト

Top|Next »

ホーム

いたぱら

Author:いたぱら
森林インストラクター
森林セラピスト
癒しの森へご案内いたします。
ご一緒に活動しませんか?

この人とブロともになる

QR