「北河内」フィールド ウォッチング

自然のしくみ・人との親交・新発見の日常をつづります。

7月の寝屋川公園

アオギリ(青桐)
sアオギリ
足元に、マンサクのような花びらがクルッと巻いて落ちていた。これからどう変わるのか見もの。

トウネズミモチ(唐鼠黐)
sトウネズムモチ
モクセイ科、今頃、白く咲いていたら本種、香りがかなりきつく、昆虫が多く寄って来る。

ネムノキ(合歓木)
sネムノキ
毎年、赤い花を着けていたが、今年はどうも調子が悪いらしい。回復を祈る。

ブッドレア
sブッドレア
総状花序の花、下から順に咲き出し長い期間楽しませてくれる。

ムクゲ(木槿)
sムクゲ
一日花を毎日せっせと咲かせる。花粉まみれの昆虫がよく入っている。

竹林
s孟宗竹林
竹林管理は、熱心なボランティアのお陰でいつもきれいにされている。
スポンサーサイト

« 7月の寝屋川公園 つづき|Top|寝屋川市自然を学ぶ会 »

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://itapara171.blog.fc2.com/tb.php/278-7145c2ff

まとめtyaiました【7月の寝屋川公園】

アオギリ(青桐)足元に、マンサクのような花びらがクルッと巻いて落ちていた。これからどう変わるのか見もの。トウネズミモチ(唐鼠黐)モクセイ科、今頃、白く咲いていたら本種、...

Top

ホーム

いたぱら

Author:いたぱら
森林インストラクター
森林セラピスト
癒しの森へご案内いたします。
ご一緒に活動しませんか?

この人とブロともになる

QR