「北河内」フィールド ウォッチング

自然のしくみ・人との親交・新発見の日常をつづります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新宿御苑:大温室

 長い歴史を誇る温室、大温室の外には開園当初に作った温室の遺構があり保存されてある。
全国の大きな植物園にはたいがい温室を設けてあるが、ここから出た植物でないかと思われるものがある。
同じ東京都内の小笠原の植物も多く展示されてあり、父島母島で見た状況を思い出させる。
夏場の温室は地獄になるが、冬場でもだいぶ暑い。ダウンのジャンパーを脱いでも汗が吹き出る。

緑が輝く植物
熱帯植物s
熱帯亜熱帯の植物が手入れよく管理されて、配置のバランスがいい。不思議と、外国人の参観者が多い。

ジュズサンゴ
ジュズサンゴs
大阪でも夏場、庭先に置かれた鉢植えを見るが、さすがに、ここの葉色と赤い果実は色艶がいい。

ウツボカズラ
ウツボカズラs
ぶら下がり方がおもしろい、蓋も付いている、虫が入ったらどんなスピードで閉じるのだろうか。

タビビトノキ
タビビトノキs
葉が平面上に左右へ出る、しかし、後ろにある年数の経た幹は円柱形だ。旅人は東西南北の方向を読んだのかも。

マチク
マチクs
マダケと違い、熱帯性の竹。以前から見たかった種類、タケノコは美味しいそうだ。

バナナとランの花
バナナとランs
ランの書類も豊富で絶滅危惧種の保存をしている。バナナのある温室は当たり前だが必需種で落ち着く。




スポンサーサイト

« 新宿御苑:大温室2|Top|新宿御苑3 »

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://itapara171.blog.fc2.com/tb.php/815-4fb74a86

Top

ホーム

いたぱら

Author:いたぱら
森林インストラクター
森林セラピスト
癒しの森へご案内いたします。
ご一緒に活動しませんか?

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。