「北河内」フィールド ウォッチング

自然のしくみ・人との親交・新発見の日常をつづります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甲信の旅:尖石縄文考古館

 霧ヶ峰、車山方面を回って、日本史の教科書に最初の縄文時代必ず出てくる、尖石遺跡を訪ねてみた。
約5000年前、八ヶ岳山麓に縄文人が暮らしていた事実が埋まっていたことにロマンを感じる。
茅野から美ヶ原までの道路を「ビーナスライン」と名付けられたのは、出土した土偶「縄文のビーナス」が起源。
長野県には、国宝は少ないと聞くが、ここの考古館には2点の国宝が保存展示されてあり、身近に見ることができる。

縄文のビーナス
縄文のビーナスs
かつて、ミホミュージアムに出張されたとき以来の再会。売店にレプリカがあったので買って帰る。

国宝指定書
国宝指定書s
「縄文のビーナス」の指定書、ありがたいものが2通展示されていた。指定書は初めて見る。

仮面の女神
仮面の女神s
こちらは比較的新しい指定の国宝。下半身、足が太くて安定感がある。神秘的な宇宙人かな?

アンギン
アンギンs
織物、編み物の原点、日本各地の特色を分類している。たぶん、教室で再現して教えている、やってみたい。

構築物の説明
構築物s
巨木を使った柱が4本、三内丸山遺跡には塔が立っていた、縄文人共通の高層建物のようだ。

双口土器
双口土器s
国宝の土偶のほかに、飾りの着けられた土器が展示されている。現代人のアートはかなり模倣しているようだ。




スポンサーサイト

« 津市美杉森林セラピー基地:塚原ヒストリーまち歩きコース|Top|甲信の旅:天然記念物 山高神代桜 »

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://itapara171.blog.fc2.com/tb.php/840-e1faab59

Top

ホーム

いたぱら

Author:いたぱら
森林インストラクター
森林セラピスト
癒しの森へご案内いたします。
ご一緒に活動しませんか?

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。