「北河内」フィールド ウォッチング

自然のしくみ・人との親交・新発見の日常をつづります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

枚方ハイキングin穂谷(2016年5月)つづき

 穂谷の自然も数年前と比べ、数を減らした植物が目に付くというより思い出される。
植物図鑑は平面的に作られているので、どの種類がどの程度の頻度で現れるかなどとは書いていない。
数少なく珍しいと思いながら見ていた植物が滅びていってしまうのは寂しい気がする。これも自然の流れかも。

ギンラン(銀蘭)
ギンランs
立った1株で咲いている。近くにキンランもあったはず、滅びたのか盗掘されたのか、珍しいものは見るだけにしてほしい。

ギンリョウソウ(銀竜草)
ギンリョウソウs
会の仲間は毎年出現する場所を知っているので、時期が来ると探すがだんだんと塊が小さくなっている。

ヒメコウゾ(姫楮)
ヒメコウゾs
これから赤く熟す雌花序、食べると美味しい。和紙の原料として優れている。

ハナキリン(花麒麟)
ハナキリンs
トイレをお借りしている霊園に飾ってある。ボリュームがあって存在感がある、植え替えは如何するのだろうか。

トゲチシャ
トゲチシャs
葉の形と付き方が面白い外来種。高速道路沿いでよく見かける、キク科の花は綿毛で種を遠くへ飛ばす。

カモガヤ(鴨茅):
カモガヤs
これも最近よく見かける、花粉症の方はこれのおかげで苦労する。スギ、ヒノキ、カモガヤ3大アレルギー源。



スポンサーサイト

« 都会の里山|Top|枚方ハイキングin穂谷(2016年5月) »

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://itapara171.blog.fc2.com/tb.php/847-e4eb06a3

Top

ホーム

いたぱら

Author:いたぱら
森林インストラクター
森林セラピスト
癒しの森へご案内いたします。
ご一緒に活動しませんか?

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。