「北河内」フィールド ウォッチング

自然のしくみ・人との親交・新発見の日常をつづります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京都薬用植物園3

 この植物園の売りはケシ、アサなどの麻薬の原料になる植物を栽培していて、時期により一般公開しているようだ。
集められた植物は、私たちが健康に生きるため知らずに使われている有用な効果のあるものが多い。
近くにあれば毎シーズン訪れて、花をながめ楽しみながら知識を吸収したくなるような願望がわいてくる。
だが、変な好奇心の旺盛な方は、足を運ぶことを控えた方がよいなという、気持ちになってきた。
将来有望な新人のガイドさんに案内されて短時間で要領よく見学することができました。感謝いたします。

マツモトセンノウ(松本仙翁)
マツモトセンノウs
長野県松本市と京都嵯峨の仙翁寺に由来する名前とか、この色合い一目で気に入ってしまった。ナデシコ科。

シロバナムショケギク()
シロバナムショケギクs
生薬名=除虫菊、蚊取り線香など殺虫剤の製造原料とある。今の時期、家庭の必需品、草刈の時、愛用。

オタネニンジン(御種人蔘)
オタネニンジンs
朝鮮人参、高麗人参、果実の独特な色、ツムラの6月のカレンダーはこの果実が飾られている。ハマナス(浜梨)

ハマナス
ハマナスs
雅子様のお印、果実はローズヒップとして食用、花はお茶、根は染料などの用途に、果実の形は個性的。

ジャボチカバ
ジャボチカバs
アコウのように幹に果実をつける。ブドウのような果実になり食用になるそうだ。

エアーポテト
エアーポテトs
原産地アフリカの野生系統から栽培化されたとある、ムカゴを食用にする。どんな味がするのか。



スポンサーサイト

« 諏訪湖畔|Top|東京都薬用植物園2 »

コメント:

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://itapara171.blog.fc2.com/tb.php/859-97d398cf

Top

ホーム

いたぱら

Author:いたぱら
森林インストラクター
森林セラピスト
癒しの森へご案内いたします。
ご一緒に活動しませんか?

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。